The 5th memorial IBIC international symposium

Neuroimaging toward preemptive medicine for Parkinson's disease

パーキンソン病に対する先制医療の確立のための脳画像を用いた基礎的および臨床的研究に関する国際シンポジウムを国内外の著名な研究者を招聘して開催します。

開催概要

日時 July 29th, Friday, 2016 at NCNP, Kodaira, Tokyo  
会場
東京都 小平市小川東町4-1-1
参加費  
定員  
対象  
主催 Integrative Brain Imaging Center
共催
協賛
内容 パーキンソン病に対する最新の治療戦略を順天堂大学の服部教授から、パーキンソン病の病態を探る基礎的画像研究をモントリオール神経学研究所のDagher教授、理化学研究所の林ユニットリーダー、国立精神・神経医療研究センター脳病態統合イメージングセンターの花川部長から、パーキンソン病における先制医療をめざした分子イメージングによる臨床研究をTheinstitute for Neurodegenerative DisorderのMarek教授、国立精神・神経医療研究センターの村田病院長、同じく国立精神・神経医療研究センターの松田脳病態統合イメージングセンター長から講演していただきます。
 また、シンポジウムに先立って、脳病態統合イメージングセンターで行われている研究のポスター発表をお昼前から行います。 
プログラムはこちら  
備考  
はじめての方は「申込」ボタンをそのままクリックしてお申し込みください。ログインIDをお持ちの方は一度ログインしてから「申込」ボタンをクリックしてお申し込みください。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

ログインID/パスワードをお持ちの方は下記ボックスにログインID、パスワードを入力してログインしてください。
ログインID :
パスワード :
ログインID/パスワードをお忘れの方はこちら

お問合わせ

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター センター長 松田博史
 
matsudah@ncnp.go.jp